FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パカマラ種はコーヒー豆の中でも大粒な品種です。
ピーベリー(小粒の丸豆)でも普通の平豆と同じくらいの大きさでした。
パカマラピーベリー、"小粒なジャイアントコーン"と同じくらい面白い
響きのコーヒー豆です(笑)

・・・
焙煎豆量の書式をまた少し変更しました。

目減り率(※)は焙煎度の目安になる数値で、今回は約16%。
焙煎度に対応させると中深煎り程度でしょうか。
私はこの位の深さで焙煎することが多いかな。
※:前回の焙煎日記でSrk(:Shurinkage)と表記しましたが、
目減り率のほうが分かりやすいと思い直して変更。

パカマラピーベリー生豆 パカマラピーベリー焙煎豆
 
----- 焙煎note -----
品名:パカマラピーベリー
生産地:ニカラグア、マダガルバ地区(標高:980~1350m)
農園:リモンシージョ、ロスプレセンス
品種:パカマラ
精製:ウォッシュド
-----
焙煎日 :2012/8/16
焙煎豆量:86.0/102.3g(焙煎/生豆,目減り率:15.9%)
焙煎時間:425秒
気温  :34℃
-----
パカマラのピーベリー、やはり普通の大きさだったため
焙煎時間はそれほど長くならず。
甘くリッチな香り、苦味と酸味が両方とも強く濃厚ながら
後味はマイルドなカップ。甘さと濃厚さは、良質のガテマラ
コーヒーとも似たものを感じる。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://senseofwonders.blog90.fc2.com/tb.php/97-91e63d84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。