FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インド旅行記に戻ります。

2日目の午後から3日目まで滞在したプシュカル。
普段は静かな街なのだそうですが、この時は年に一度のラクダ祭り&ラクダ市の
期間中でとても賑やかでした。

ラクダ市の”市”は青果市や鮮魚市と同じ意味。
街の中心から少し離れた砂漠のような丘陵に大勢のラクダが集まり、
売り買いの場になっていました。

市場を歩いた印象ではかなりの規模に感じましたが、ラクダの頭数も
取引量も最近はかなり減っているのだとか。

現地ガイドさんは「ホンダ(のバイク)がきてからラクダが減ったよ。」
みたいなダジャレを言っていました(笑)
でもオートバイや農耕車が普及して、ラクダが減っているのは事実のようです。

会場ではラクダ以外にも馬や牛の"市場"も開かれていて、
装飾的に毛がカットされたラクダや毛並み良い馬がたくさんいました。
牛も馬も日本より格好良く見えたのは、インドでは家畜≠食肉用だから
かもしれません。


ラクダ市_砂埃
ラクダ市の会場。
場所によっては砂埃がスゴイ・・・
サルカドがアフリカで撮った光景をほんの少し感じられました。


ラクダ市_交渉中
商談中(多分)のラクダ商人たち。
ラクダ使いは棒を持っている人が多いです。


ラクダ市_トリミング中
トリミング中のラクダ。
嬉しいのか嫌がっているのか、なんとも言えない表情。


ラクダ市_馬の親子
馬の親子。
朝日に照らされて、良い雰囲気でした。


ラクダ市_朝の会場
早朝のラクダ市会場。
朝の市場は一日の始まりの様子が伺えてオススメです。
この日は熱気球も上がっていました。


ラクダ市_夕日と子供
3日目、ラクダ市から見た夕日。
子供たちも夕日を見ていたのかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://senseofwonders.blog90.fc2.com/tb.php/59-c5689014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。