FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恵比寿の東京写真美術館で開催されている、
写真のエステ-五つのエレメント-展を観に行ってきました。

"エステ"は美学の意で、元々は感性学(Aesthetica)から派生した言葉なのだとか。
写真展は「写真の美しさ」を五つのエレメント(視点)に分けて紹介するという構成で、
企画色が少し強い感じもしました。


五つのエレメントとは

・光(luminous)
・反映(reflection)
・表層(surface)
・喪失感(sence of loss)
・参照(reference)

なのですが、個人的には質感やディテールを表現した作品などを集めた
という”表層”の展示がとても良かったです。

写真の特徴とも言える精密さと写実性が活かされた、階調豊かな
モノクロ写真は確かに写真の美しさとイメージが重なりますね。

違うタイプの写真家だと思っていたアンセル・アダムスと森山大道さんの作品が
同じ場所に展示されているのも、この企画ならではの面白さかもしれません。

そして何より、E・ウェストンとA・アダムスの銀塩プリントが素晴らしい!
二人とも好きな写真家なのですが、やはり写真の到達点の一つだと思います。

・・・

実はちょうど先月末、とあるグループ展に写真展示で参加していたのですが、
結局ボツにした一枚の中にウェストンを"参照"した写真がありました。

ひと月早くこの展示を見ていれば、もう少し上手く撮れたかもなぁ。
まあ、1ヵ月前は始まっていなかったのですが・・・何となく残念。

ボツになったgreen pepper(:ピーマン)、記念にupしておきます。
pepper
E・ウェストンのpepperはウェブ上で簡単に見つけられますが、
さすがに恐れ多くて並べられません^^;


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://senseofwonders.blog90.fc2.com/tb.php/120-f7f57015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。